CEOメッセージ

グローバル・プロジェクトを推進する人材とは?

現在、日本でも多くの企業がグローバル人材の育成に力を注いでいます。英語の特訓に始まり、現地の歴史・文化・商習慣に精通した専門家による講義、さらには海外での参加型研修等、数多くのプログラムがあります。

これらはどれも重要で、それぞれの研修には意義があります。ただ、どんなにスキルや経験を積んだところで、その人のマインドセットが変わらない限り、真のグローバルビジネスを遂行できる人材には育ちません。

ピーエムグローバルでは、創業から10年以上、地域も業種も幅広く、種類も異なる多くのプロジェクトに参画させていただきました。こうした経験から得た答えは、「人は多様で、考え方や価値判断も様々である」ということです。

つまり、お互いの持っている価値観や行動パターンは「違っていて当然だ」と考え、そのギャップをどう埋めるか、ということにフォーカスを当てない限り、グローバルで行うプロジェクトでの協業は有り得えません。成功事例に胡坐をかき、「この方法にしなさい」と主張する方もいますが、そうした発想自体がもう古いのです。

これからは、相違を認めつつ、最適なやり方を探りながらプロジェクトを進めることが重要です。

弊社では、経験豊かなプロジェクト・マネジャーが、これからもお客様のプロジェクトのお役に立てると確信しております。

是非、御社のプロジェクトでご活用ください。

ピーエムグローバル株式会社
代表取締役
木暮知之