facebook

グローバルのヒント

グローバル・コネクター

2020年9月3日

第14回「会話は敬語、メールは気配り」イムラン・スィディキさん

今回のゲストは、英会話スクールの創業者を経て、現在はオンライン学習プログラムや海外留学支援などを手掛ける実業家のイムラン・スィディキさんです。 

 

木暮 現在も英会話スクールの経営をされているのですか。

 

イムラン 2003年に立ち上げた英会話スクール「コペル英会話」の経営権は3年ほど前に譲渡し、今は業務委託の形です。

 

木暮 ずっと日本で活動を? 

 

イムラン 日本生まれ、日本育ちです。東京のインターナショナルスクールから日本の大学に進学し、そのまま大学院まで行きました。学費を工面するために始めた英語教師のアルバイトが楽しくなってしまった感じです。大学院修了後にいったん就職したのですが、英会話学校設立の夢が捨てがたく、在職中に起業し、土日を中心に英会話を教えていました。勤めていた会社にバレないよう名前を伏せてですが。軌道に乗ったので1年半ほどで会社を辞め、英会話学校に専念しました。

 

木暮 独立当時はどのくらいの規模だったのですか。

 

イムラン 生徒数は120人ぐらい。経費は自分とアルバイト講師の人件費のみでしたね。今は300人を行ったり来たりといった感じです。

 

木暮 以前から在宅でレッスンできる仕組みを導入されていたそうですね。新型コロナウイルスの影響はどうですか。

 

イムラン 打撃は大きくないものの、休会する人はいます。遠隔の授業が苦手な方や「コロナが終息したら復帰したい」というケースです。昔は教室へ通って学びたいという人も多くオンライン授業へのハードルを感じました。今はずいぶん抵抗感が減りました。

 

木暮 外国人教師を採用する難しさはありますか。

 

イムラン コミュニケーションには問題を感じないのですが、指示通りに授業を展開してもらうのに苦労します。口頭で伝えても、米国や豪州の出身者は聞き流して自己流で進めてしまうことが多いです。

 

木暮 我流の部分は授業の半分ぐらい?

 

イムラン 8割といってもいいぐらいです。指摘しても「問題ない、分かった」と答えるけれど案の定、分かってない。

 

木暮 メソッド(教授法)は重要ですから守ってもらえないと困りますね。

 

イムラン 上司が指導したり、ほかの講師の授業を見てもらったりして、マスターできるまで繰り返し指示します。厳しいかもしれませんが、それでも習得できない場合は辞めてもらうこともあります。

 

木暮 教師の採用基準はありますか。

 

イムラン 開校してしばらくは、妥協して採用したケースもあったのですが、納得しないまま採った人が立派に成長を遂げる一方、面接時から期待していた新人が良い教師にならなかったこともよくありました。こうした採用傾向が5年ほど続いたため、「面接で印象が良くなかった人を採るべし」という自分のルールが確立しました。

 

木暮 面白いですね。

 

イムラン 私に調子良く合わせる人にだまされただけなのかもしれませんが、自分には人を見る目がないと気付けたのが良かったですね。

 

木暮 他人を信じる人柄なのでしょう。

 

イムラン そうだといいですね。

 

木暮 採用で妥協して失敗した経験は私もあります。「求めるスキル」か「人柄」かでは人間性が先ですね。 

 

イムラン こちらがやってほしい仕事に合わせて人を雇うとダメですね。適材と見込んだ人が仕事に向いていないことが分かるとショックです。採用では、あえて自分の意図しない方を選ぶ「逆張り」がいいです。

 

木暮 日本人との関わりで難しい点はありますか。

 

イムラン パキスタン国籍だったので、物件を借りるのに苦労しました。

 

木暮 以前のインタビューでも話題になりましたが、外国人が日本で不動産契約するのは苦労するようですね。

 

イムラン 海外渡航の際も制限が多くいろいろと不便でしたので、2年ほど前に日本国籍を取得しました。 

 

木暮 多くのスタッフを抱える中で、外国人と上手く付き合うコツはありますか。

 

イムラン 大事なことはメールでやり取りするようにしています。口頭だと受け流されたり、ごまかされたりしまうことがあるからです。メールには要諦を明確にできるメリットもありますし、内容を何度でも確認できます。

イムランさん.jpg

 

木暮 なるほど。エビデンス(証拠)も残るし、論点もはっきりする。

 

イムラン ただし、責められていると誤解しないように、本文に「I’m not criticizing you(批判しているのではありません)」とか「I’m not angry, just want make things clear(怒っているのではなくて、事情を明確にしたいだけです)」と添えるように気を付けます。本人を見つけたら「メールを見ておいてね」と笑顔で伝えるのも効果的です。

 

木暮 気配りですね。

 

イムラン 冗談のつもりで書いた文章がうまく伝わらなかった人もいましたから。

 

木暮 文字だけではリスクがありますよね。社内でチャットツールを導入した当初は意図通りにメッセージが伝わらず苦労しました。そうした苦い経験から、送信後は相手にあらためて口頭でフォローするようにしました。日本人とのやり取りはどうですか。

 

イムラン 外国人に対してよりも「分かっている」という感覚があります。自分が気を抜いているだけかもしれませんが。

 

木暮 日本人対応の方が慣れている?

 

イムラン 話し方には注意しています。俗に言う「ため口」は避け、20代のアルバイトでも基本的には敬語で話します。

 

木暮 敬語は大事ですね。その方が便利ですし。教育業界の動向はどうなっていますか。

 

イムラン 参入して17年になりますが、大きな変化はありません。あえて言えば教師に多様性が出てきたことです。昔は英語のネイティブスピーカーが大半だったのですが、今は英語を習得していれば出身地にかかわらず、日本人も先生になれます。私が駆け出しの頃は「外国人からレッスンを受けたい」という人が多く、日本語のスキルは講師としての売りになりませんでした。今は受け入れる側も変わってきたのかもしれません。

 

木暮 著書や動画を拝見して、教え方が非常に洗練されている印象を受けました。ポッドキャストで5分番組を主宰しているのですが、分かりやすく伝わる言葉を選ぶのが難しく、構成会議には3時間近くかかっています。今後の目標は? 

 

イムラン 生徒をもっと外国に連れて行き、日本人にとっての英語のハードルを下げたいです。1週間の体験留学など気軽に試してもらえるように海外に拠点を構えていく計画で、マレーシアへの進出も検討しています。英語は今も勉強中です。(おわり)